相談のタイミング

もし交通事故の被害にあってしまったとして、一体どのタイミングで弁護士に依頼をするべきなのでしょうか。タイミングについては悩んでしまう方が多いでしょう。まず、相談の費用がかからない弁護士事務所が多いため、交通事故にあってすぐに弁護士に相談をするのが一番良いでしょう。

そうすればこれからどのような行動を取るべきなのか適切なアドバイスをしてくれます。

もっと後になってから相談をしてしまうと、対応が遅れてしまう場合があるからです。たとえば被害が比較的軽微な場合には早くに弁護士に相談をしてしまうと、弁護士費用が高くかかってしまったのにほとんど損害賠償を請求できないというケースがあります。

この場合は、後遺障害の認定を受けることができたか、あるいはその可能性が高い段階で相談すると良いでしょう。

後遺障害の認定を受けられたならば、賠償金の増額を見込むことができるため、弁護士に相談をする意味があります。また、重大な事故が起きた場合にはすぐに弁護士に相談をしても問題ないでしょう。

たとえば仕事ができないほどの重傷を負ったのであれば、損害請求もかなり高額になる可能性が高いです。

後遺障害に認定されるのか微妙なケースがあるかもしれません。この場合は弁護士に相談をすることで、適正な等級認定をしてもらうためのアドバイスを受けられるでしょう。早めに相談をしましょう。

報酬形態について